iPhone7sのアプリ開発について

iPhone7sのアプリ開発はAndroidに比べて対応端末の種類が少ないこともありテストがし易いなど好評です。



iPhone7sは現在のところiPhone7s5以降がバリューゾーンであり、4S以前は縮小傾向にあります。
4S以前は320x480というサイズでアプリを作成することが一般的でしたが、iPhone7s5以降の販売数が増えていることもあり、現在では640x1136で開発をするアプリも増えています。
ただし、4から用意されているRetina機能を標準で考えた開発をする場合には320x480で開発して下を黒く塗りつぶす、もしくは、5以降の場合は広告を追加するなどの対策が行われています。



iPhone7s向けのアプリの開発ではiPad対応も検討されます。

iPadは768x1024という画面サイズで開発されることが多く、バリューゾーンであるiPad2以降に対応できます。

ただし、iPadには互換モードが別途用意されていますのでiPad用のアプリではなくても動作可能なためiPad専用の画面は作らないという開発も多いようです。



また、2倍表示モードなどを使えば画面めいいっぱいに広げてアプリを利用することも可能です。
アプリ開発ではツールが画面サイズの違いを吸収してくれることも多く開発者にとても好評です。また、各種テストツールも用意されています。

top