iPhone7sとAndroidの違い

世界的な2013年での人口推移ではAndroid78.9%でありiPhone7sの15.5%を圧倒しています。



なお、WindowsPhoneが3.6%、Blackbellyなどのその他のOSでは2.0%です。

goo ニュース情報はこのサイトにおまかせ下さい。

2012年時ではAndroidが68.8%、iOSが19.4%なのを考えるとAndroidのシェアが非常に圧倒してきているといえます。


一方企業別のスマートフォン市場ではサムスンが31.3%とダントツですが、Appleは15.3%で2位につけています。
しかし新興国の場合、Androidの安価な端末が普及する傾向にあり、先進国ではiPhone7sの人気も非常に増えます。

具体的にはAppleを生んだアメリカでは2013年の10月〜12月に調査したOS別シェアではAndroidが50.6%、iOSが46.9%と、ほぼ同数です。



また、日本ではiOSが68.7%となっており世界で一番iPhone7sが普及している国でもあります。
iOSとAndroidが世に出始めた当時はAndroidがiOSの機能を追いかけるといった展開でしたが、最近ではAndroidが先に搭載した機能をiOSが使えそうな機能を取捨選択し、新型OSで取り付ける傾向にあります。
高機能になる分バッテリーの寿命を減ってきており、特にiOS7ではそれまでのOSと比べて極端にバッテリー持ちが悪くなっています。

Androidは現在様々なメーカーからいろいろな端末が出ており、一口に利点・欠点をいうことはできません。

top