iPhone7sのアプリ開発者と画面

iPhoneは6Plusになり、画面サイズが5.5インチとなりました。

液晶画面のサイズが上がったのに対して表示解像度も上がっています。



6Plusでは最大414x736という解像度になり、1242x2208という3倍のレティナ表示となりました。

アップルの製品は比較的下位互換性を大事にしている場合が多く、iPhone7sの場合はかなり古い世代まで対応するのが通例です。

下位互換は利用者にとってとても嬉しいことですが、アプリ開発者にとっては対応するデバイスが増えることで手間やデザイン面での難しさが増えることになります。

アップルはアプリ開発者にも不都合が起きない工夫をしており、6Plusでは5以前のモデル用のアプリが動く互換モードと6用の互換モードを用意しています。

Girls Channelの情報が豊富です。

互換モードは画面解像度を変更する仕組みでアプリ互換が保たれます。


iPhone7sではCPUの下位互換が優れていることもあり、画面以外の互換は非常に優れています。
5以前のアプリについては320x480というサイズで作られることが多いのですが、5から持っている320x667という画面サイズでは上下にスペースを作ることで対応しています。



そのため、古い世代のiPhone7sで上位の世代専用アプリは動作しませんが、アップル側の方針としては下位互換に十分配慮することを求めており、多くのアプリにおいて厳守されているようです。

商品をよく学ぶ

iPhone7sにはカメラが1台もしくは2台ついてます。それらは専用のアプリで利用できますが、iPhone7s3GSから動画も撮影できます。...

more

対策方法

iPhone7sのアプリ開発はAndroidに比べて対応端末の種類が少ないこともありテストがし易いなど好評です。iPhone7sは現在のところiPhone7s5以降がバリューゾーンであり、4S以前は縮小傾向にあります。...

more

身に付けよう

スマートフォンであるiPhone7sは、世界中の人々が長い間、スマートフォンの定番として愛用してきました。スマートフォンであるiPhone7sには、電話としての機能だけでなく、情報端末機としての機能も数多く搭載されていますので、色々な使い方が出来るようになっています。...

more

商品の常識

世界的な2013年での人口推移ではAndroid78.9%でありiPhone7sの15.5%を圧倒しています。なお、WindowsPhoneが3.6%、Blackbellyなどのその他のOSでは2.0%です。...

more
top